記事詳細

ARTICLE DETAIL
2019年4月2日

【2020卒向け】キャリんくから就活マニュアルをプレゼント

【2020卒向け】キャリんくから就活マニュアルをプレゼント

 

就活生の諸君

 

2020就活がスタート。

対策はできているか?

やばい…何をすれば?

と焦ってないか?

だが安心して欲しい。

 

 

就活のスタートを

ブーストさせる

就活マニュアル

キャリんくからプレゼントだ。

 

就活マニュアルの概要

PDFマニュアルの中身は、

  • 自己分析
  • 履歴書/ES
  • 自己PR/志望動機
  • 面接

の4部構成になっている。

当たり前のように聞いたことがある言葉ばかりだけど、実は詳しくは知らなかったり、分かっているつもりであることも多いから注意だ。

未経験の方だけでなく、ある程度就活を経験した方も、おさらいだと思って再復習するのも良いだろう。

 

自己分析編【10ページ】

 

コンテンツ内容

  • 自己分析を行う目的
  • 自己分析のやり方
  • 自己分析を行う際のポイント
  • 自己分析をやりたくない場合
A さん
自己分析って何?

こういったレベルの学生でも、「就活における自己分析」が一目見ただけで理解できるようになる。

 

履歴書/ES編【10ページ】

 

コンテンツ内容

  • 履歴書の選び方
  • 手書きかパソコンか
  • ボールペンについて
  • 履歴書を書く際のポイント
  • 履歴書とエントリーシートの違い
  • エントリーシートを書く際のポイント

就活で提出が必要になる書類は主に履歴書とES(エントリーシート)の2つだが、ここにも就活ならではルールや、普通の大学生活では知ることがないだろうポイントがいくつも存在している。

特にESは事前知識の有る無しによって書き方が大きく変わるため、これから書き始める前に、一度目を通して欲しい。それだけで、ESへの考え方が変わるはず。

 

 

志望動機/自己PR編【10ページ】

 

コンテンツ内容

  • 自己PRの重要性
  • 面接官は嘘を見破る
  • 面接官の注目点
  • 自己PRのポイント
  • 志望動機を聞く理由
  • 志望動機のポイント
  • 例文を参考にした志望動機
  • 企業選びにおいて大切なポイント
  • 志望動機が「給料・年収が高いから」でもok

ESでも面接でもほぼ確実に聞かれるであろう「自己PR」と「志望動機」。

言ってしまえば、この2つこそが就活のキモとなる。

「面接官側が学生がどのように見ているか」を「どんな志望動機だと合格にしたくなるのか」といった企業側の本音を知って、あなたの就活に活かしてほしい。

 

面接編【11ページ】

 

コンテンツ内容

  • 服装・身だしなみ
  • 面接におけるマナーとポイント
  • お礼メール
  • 面接で質問はするべきか
  • 面接でよく聞かれる質問

どれだけ自分のことを理解していても、面接官に魅力的に伝えられなければ意味がない。

面接の対策は、しているようでほとんどの人ができていないので他の就活生と差別化を図るのも比較的簡単だ。

面接で不合格になることが多い就活生は必ず読んでほしい内容である。

 

マニュアルの取得方法

マニュアルの取得手順は以下の通り。

キャリンク公式LINEに登録

まずは、キャリんくのLINEに友だち登録して欲しい。後からブロックしてくれても問題ないのでご安心を。

 

 

情報を入力

LINEに登録完了したらメニューから「就活虎の巻」をタップ。

現時点ではマニュアルをゲットすることはできないので「ここをタップ」を押して次に進もう。

 

 

 

入力する情報は名前や学校名、学年など簡単なアンケートのみ。

サクッと情報を入力しよう。

 

マニュアルゲット!

すると、LINEのメニューが変わるので、そこからマニュアルを見ることができる!

 

キャリんくマニュアルの良いところ

改めて、このマニュアルのメリットをお伝えする。

 

メリット

  • いつでもスマホで確認できる
  • おすすめの記事情報が届く
  • 自分の苦手な部分がすぐに対策できる
  • LINEで簡単に就活マニュアルがゲットできる
  • 現役の人事が制作しているのでリアルな就活対策ができる

 

 

あなたの就活の一つのキッカケになりますように

キャリんくは「就活生を応援するサイト」であり、あなたの就活に役立つコンテンツを日々更新しているサイトである。

今回の就活マニュアルは就活初心者向けではあるが、今まで作り上げた就活のノウハウをギューーっとまとめたものなので、すでに就活を経験している方にとっても、参考になる部分はあるだろう。

是非、この就活マニュアルを実際に見て、あなたの就活をよりよいものにしてほしい所存である。