記事詳細

ARTICLE DETAIL
2019年4月23日

【地元優良企業の探し方とは?商工会議所を有効活用しよう】

【地元優良企業の探し方とは?商工会議所を有効活用しよう】

就活において、譲れないポイントとして「地元就職」を上げる学生は多くなってきています。

地元優良企業の探し方とは、どのようなものなのでしょうか?

ここでは、情報収集の方法とポイントについてご紹介していきます。

就活マニュアルプレゼント

地元優良企業とは?

地元優良企業とは、

自分の出身地を拠点に営業している優良企業のことです。

地域に密着した着実な事業を長年積み重ねてきた企業などでは、就職後もゆとりとやりがいを持って働くことができます。

「地元で就職したい!」と考える就活生は少なくありません。

なぜなら地元就職は、

・家族を安心させることができる

・転居がない

・友人と距離が近いなどの

メリットがあるからです。

地元で就職することができれば、馴染みのある地域において、身内とも離れることなく、安心して働き続けることができるでしょう。

しかし、地元就職の難しさは、募集が少ないことです。

都会と比較して、地域限定で正社員を募集している会社は少ない傾向にあります。地元優良企業には、知名度や規模は大きくなくても、堅実な経営を行っている会社も多いのです。

これらのことから、魅力ある地元優良企業へ就職するためには、情報収集は不可欠です。

情報収集を綿密に行うことで様々な企業に関して理解が深まり、選択肢の幅が広がるからです。

応募できる企業の数は、多ければ多い程有利であると言えます。地元で就職したいけど探し方が分からないと悩んでいる人は、是非この記事を参考に、情報収集を始めてみてください。

インターネットで探す

手軽に行えるのが、インターネットで地元を中心に探すとき

便利な就活サイトと厚生労働省サイトの2つについてご紹介します。

地元就活に特化した就活サイト

リクナビ、マイナビ、キャリタスなどの大手就活サイトにも、地元就職に関する情報が存在しますが、多くの企業が登録していうので、地元の情報が埋もれてしまいがちです。しかし登録や閲覧は簡単にできるため、取り掛かりやすいと言えます。

UターンナビLO活などの地元就活サービスもあります。

都道府県ごとにまとめられているので探しやすいです。さらにセミナーや勉強会もあるので就活力の向上にも使えます。

厚生労働省の若者雇用促進総合サイトを参考にする

厚生労働省サイトでは、無料で企業検索ができます。また、就職活動に関する役に立つ情報も多数掲載されています。

サイト内では、新卒就活支援のメニューを確認することもできます。

その中の1つである、新卒応援ハローワークは、全国に設置された施設に訪れることで様々なサポートが無料で受けられる制度です。就職に関する個別相談にも対応しています。

求人検索だけでなく、履歴書添削や面接対策など、幅広いサポートを行ってくれます。

地元就職に興味がある人は、まずはサイト内で情報収集をし、その後、新卒応援ハローワークを実際に尋ねてみると良いでしょう。

インターネット以外で探す

地元就職を成功させるためには、インターネット以外で情報収集をすることも重要です。インターネットでは掲載されていない情報がある場合が多いからです。ここでは、ハローワークと商工会議所の2つについてご紹介します。

ハローワーク

就職支援を行う施設で、日本全国に設置されています。

ハローワークをお勧めする理由は、情報量が豊富であるからです。

インターネットに求人情報を掲載する場合お金がかかってしまいますが、ハローワークの場合は掲載費用がかかりません。

地元企業の場合は、できるだけ経費をかけたくないと考えるところも多いのです。そのため、ハローワークにだけ情報を出している企業も存在するのです。

さらにハローワークでは、専用の求人情報提供端末を使った情報収集が可能です。地元企業の求人がリアルタイムに更新されているため、確認すると良いでしょう。

個別の就職相談をすることもできるので、就職活動に関する悩みを相談することができるため積極的に活用してみてください。

これらのことから、新卒であっても、地元のハローワークを活用することは有用です。気になっている人は、一度地元のハローワークを訪ねてみるようにしましょう。

商工会議所

2つ目は、商工会議所です。商工会議所とは、日本全国に設置されている公益経済団体のことです。

地元の経営者に有益な情報を提供するなど、様々な活動を行っています。

実は、商工会議所では、合同就職説明会やキャリアカウンセラーによる就職相談会を行っている場合があるのです。

 

イベントがない場合でも、商工会議所に在中している経営指導員に直接相談することができます。

商工会議所の経営指導員への相談は、地元企業の関して詳しく様々な情報を持っているためお勧めです。

地域を絞って中堅・中小企業を探している人には、商工団体の経営指導員を訪ねることがお勧めです。

地元優良企業への就活を成功させるために

ここまで、地元優良企業の情報収集に関して、様々な方法をご紹介してきました。ここからは、地元優良企業への就活を成功させるために必要な行動について3つ、ご紹介していきます。

多くの情報収集を行って、以下のポイントを守れば、納得のいく地元優良企業への就職が可能になるでしょう。

計画を綿密に立てる

1つ目は、計画を綿密に立てることです。

いつから本格的な就職活動を開始し、いつまでに就職先を決めたいか、どのようなスケジュールで行動するかなどです。

 

なぜなら、地元就職は大学がある地域から自分の地元までの移動や、地元への滞在のためのまとまった時間が必要だからです。場合によっては、大学に通えない期間が長くなることがあります。

そのため、卒業に必要な単位を早くから取得するようにしましょう。

就職活動が本格的に始まるまでに計画的に単位の取得をすることをお勧めします。

 

また、都会での就職活動とは異なり、地元就職では、決められた採用期間は存在しません

企業によって、求人を掲載する期間、採用活動を行う期間が異なっているのです。

そのため、なかなか就職先が決まらず、活動が難航してしまうことも少なくありません。このようなことを回避するために、前もって計画を立てておくことをお勧めします。

少人数募集を見逃さない

地元就職の求人数は少ないからです。たとえ短期間の掲載で募集人数が1人であっても、見逃さずに積極的に応募しましょう。そのためには、こまめに情報の収集を行う必要があります。

志望動機の差別化を意識する

3つ目は、志望動機の差別化を意識することです。地元就職では、少ない求人数に複数名が応募することになります。競争率も高くなることがあるため、志望動機はしっかりと構築しましょう。「地元に貢献したいから」という1点の理由だけでは、志望動機が薄いと判断される恐れもあります。

地元に貢献しようと思った理由などを伝えると良いでしょう。

もし、あなたが上京して帰ってきたUターン就職をするのであれば

「私には東京で培った経験があります。御社ではその経験を生かすことができ、さらにスキルアップをするチャンスが多くあると考えました。なので私は地元の御社に貢献したいと考えています。」など

経験を生かせる理由を考えて見ると良いでしょう。

また、自己分析や具体的や人生設計を踏まえた上で、地元愛をアピールして見るのも良いですね。

 

自分の適性を見極め、企業に貢献できる点をアピールできるようにしましょう。

まとめ

ここまで、地元就職について、情報収集の方法と注意すべきポイントをお伝えしてきました。

インターネットを使って探すときには大手ナビサイトはもちろん地元就活に特化したサイトのほうが探しやすいでしょう。

インターネットを使わずに探す場合にはハローワークや商工会議所を使って就活をするのも良いでしょう。オフラインならではの就活相談を行ってくれるので迷ったり困っている場合に行ってみると良いでしょう。

地元優良企業への就職は、情報収集をきっちりと行えば、満足のいく結果につながる可能性が高くお勧めです。是非この記事を参考に、様々な情報を集めてみましょう。

就活マニュアルプレゼント