記事詳細

ARTICLE DETAIL
2017年7月24日

リクルートスーツのホンネ

リクルートスーツのホンネ
  • 「皆同じ格好をするなんておかしい!」

  • 「個性がない!」

  • 「慣れない格好で疲れる!」

 

みなさんこんにちは!!!木野です。

学生さんと話すとリクルートスーツの話がよく出てきます。

「そーだよね。皆同じ格好するなんて意味無いよね。」

と僕が就活生の時は同じように思っていました。

 

ただ社会人になった今では、少し見え方が変わってきています。

この記事では、人事部の捻くれ者キノがリクルートスーツについて、ホンネをぶちかまして行こうと思います!!!

 

私服がいいなら、私服で行っちゃえばいい

僕個人の意見としては「私服がいいなら私服で行けばいいやん」という答えになります。

もちろん、私服厳禁という記載がある場合や、最終面接などはスーツを強く推奨しますが、服装問わずの場合は、私服でどんどん個性アピールすればよいと思うんですね。

「それで第一志望落ちたらどうするんですか!?」なんて声が飛んできそうですが、まずは恐れずやってみませんか?

弊社のセミナーやイベントに参加する方の中にも「スーツという就活のルール」に不満をこぼす人はそこそこいらっしゃいますが、その方々は決まってスーツを着ています。

弊社は完全私服OKのはずなのに・・・です。

スーツに不満があるなら、私服で参加すべきだと思うのです。

 

まず「私服OK」と記載しているのに、「私服で参加したから不合格」ということはまずありえないので安心してください。

可能性があるのであれば、清潔感が足りない私服だったとか、露出が高すぎる服装、派手すぎる服装…など、面接官の好みが影響することはもちろんあります。

単純に「私服だから不合格」ということは絶対にありえません。

たとえ、ありえたとしても、その企業は信用できないので、入社を推奨しません。

今は私服OKのところもかなり増えてきています。むしろ、就活生のほうが、スーツでないといけないと思い込んでいるとも感じられますね。

 

スーツオンリーでも、個性は表現できる

僕も学生時代、真っ青なスーツで面接に行ったことあります!

面接結果は見事合格!!!

「君だけスーツが青いですが、何故ですか?」という質問がきましたけどね。

個性が大事と思ってるのであれば、個性で勝負するべきです。

私服を許してくれないなんて、個性を見てくれない会社なんだという判断になるので、選考に落ちてもそれはそれでよくないですか?

また、スーツがルールだとしても、「リクルートスーツ」とは記載されていませんよね?

であれば、多少おしゃれなスーツでも全然問題ないはずです。

企業に合わすのではなく、自分に合う企業を探すという考え方をもつべきです。

 

リクルートスーツに守られているという考え

それでも、なかなか踏ん切りつけられない方には、逆にスーツの素晴らしさをお伝えしましょう。

そもそもですが、リクルートスーツって”企業が求めている”というよりかは”学生への救済措置“という意味合いが強いと思うのです。

 

イメージしてみてください。

もし、リクルートスーツ不可!完全私服採用となったら・・・

  • ファッション雑誌「内定20個のセンパイに聞いた!受かる私服特集!」

  • 学校やセミナー「オフィスカジュアルは時代遅れ!?志望業界別私服徹底解説セミナー」

  • 就活生の悩みランキング第1位!「私服の正解がわからない。正解のない怖さ。」

  • 就活生の会話「業界ごとに私服が違うからお金かかっちゃうよねー」
    『ほんと、私なんて就活用の私服で今月10万円使っちゃった。」

 

どうでしょう?想像したら結構怖くじゃないですか?

就活するのか、ファッションショーするのかよくわからなくなりますよ。

結論としては、ある意味、正解とされる服装があるからこその葛藤があるものの、正解がないのも苦労します!

 

どのみち苦労するなら、服装に左右されないような個性を発揮する方法を考えた方がいいと思います!笑

 

まとめ

 

  1. スーツに文句がある人は、個性をアピールした服装で挑戦すべき。

  2. 企業に合わせるのではなく、個性を尊重してくれる企業を探すべき

  3. リクルートスーツは就活生のためにあるということ

 

以上です。

就活生は洋服以外にも宿泊費や交通費もかさみ、お金の余裕が無いことが多いです。

特に大きなこだわりが無い場合は、リクルートスーツに身を委ねても良いのではないでしょうか。