記事詳細

ARTICLE DETAIL
2018年4月15日

誰のために就活をしているのか

誰のために就活をしているのか

こんにちは!人事部のきのけーです。

就活が始まると、急に忙しい日々が始まり、戸惑う方も多いと思います。

一気に周りが動き出して焦っていませんか?

置いていかれている気になっていませんか?

周りに流されていませんか?

ただし、そんな時期だからこそ、自分の想いや考えを大事にしてください。

周りに左右されないでください。

就職活動は誰のためでもなく、自分のためのものです。

周りの意見は関係ありません。

どこの説明会にいけばいいのか、どんな会社が自分に合ってるのか、一次選考でなんで自分の判断をされないといけないのか、人間性を見て欲しい!!などなど…

就活生の悩みはつきませんが、僕がそんな就活生の皆さんにお伝えしていることはいつもひとつです。

「自分の人生くらい自分で決めろ」です。

 

他人の意見に簡単に流されてはいけない

就活では、キャリアセンターや先生、友達、親など様々なところから助言やアドバイス、時には自慢が飛んできます。

  • もっと大手の方がいいよ

  • もっと安定してる企業のほうがいい

  • 君ならもっといい企業に就職できるよ

  • 内定5個取れたわ。まだ内定0なん?就活教えようか?

のように、色んな言葉が飛び交います。

また、就活の時期は精神的にも不安定になりやすく、このような言葉に一喜一憂しやすい危険なタイミングでもあります。

そのくせに、他人の言葉は結局は他人事です。身勝手な言葉であることも多いです。

だから、周りの意見はあくまで参考程度にして、安易に流されないようにしてください。

もちろん、本気であなたのためを思って色んなことを助言してくれる方々もいるかもしれませんが、その助言が正しいか間違いかは関係ありません。

「あなた自身が主体性をもって考え抜かなければならないこと」から逃げてしまっていることが問題なのです。

自分の夢や願望、そしてその意思をもって就活をしないと、絶対に軸がブレて一貫性のない就職活動になってしまいます。

 

企業選びは他人のせいにできない

もちろん人から学ぶことはとても大事なことです。

でも、最後の最後、この会社だったら間違いないと内定を承諾するかどうかは、自分で決めて欲しいんです。

「友人がオススメしていたから」というような理由で安易に承諾して欲しくないのです。

あなたのその決断は、今までの人生で最も重要な決断であるということをしっかりと認識して欲しいのです。

 

例えば、あなたが内定を承諾しようか悩んでいた企業があるのに、キャリアセンターが別の会社を勧めてくれたとします。

その後、勧めてくれた会社に入社してみると…

「ブラック企業で半年で辞めてしまった!」

なんてことになったらどう思いますか?

キャリアセンターに怒りを覚えますか?文句を言いますか?

ただ、問い合わせてももう手遅れです。

「あなたが選んだんですよね?」と一蹴されるだけでしょう。

社会人になると自分の言動、行動には責任がついてまわります。

誰も責任はとってくれません。あなたがすべての責任を負うことになります。

 

なぜならあなたの”選択”だから。

あなたの”人生”だからです。

就活って誰のためにやっているの?

周りが何を言おうと、働くのは自分です。

良い会社であっても、悪い会社であっても、その良し悪しは全て、あなたに降りかかってくるものです。

自分が納得のいく、わくわくする会社を探してください。

そんな自分に合う素敵な会社を見つける中で、周りに左右されていてはいけません。

自分の足で、自分の目で行動して確かめるしかありません。

動いた分だけ出会える可能性が広がります。

 

人によって価値観は違います。

どんな会社に魅力を感じるかもまったく異なります。

自分の人生くらい自分で決める。

あなたが本気で入りたいと思える会社に出会うために、あなた自身のために就活をしてください。