記事詳細

ARTICLE DETAIL
2018年4月22日

女性が働きやすい職場って?

女性が働きやすい職場って?

こんにちは!人事部ののっちです。

今日は『女性が働きやすい職場とはなんだろう問題』についてです。

「この会社、結婚しても続けられるかな?」
「結婚しても同じ所で働きたい!」

女子就活生なら一度は考えますよね?

しかしながら、実際に産休・育休をもらって仕事に復帰している方はまだまだ多くはありません。

仕事と子育手の両立

前回私のコラムを読んでくださった方は、
『やりたいことがない問題』について、私もやりたいことがなかったと開き直ってたのはご存知かと思います(笑)

そんな私の入社当初の目標が、「子供に仕事の自慢をできる母になる」でした。

「お金持ちになる」や「起業する」など様々な目標を語る同期が多い中、いたって平凡な目標だったわけです。

女性が働きやすい職場とは

アロージャパンでは、働くママがたくさんいます。
そんな中、私の上司の方が妊娠され、産休に入ることになりました。

その報告を受けて、「おめでたい!!嬉しい!」と思った反面、
とても心細くもなりました。

 

なぜならその方がされている仕事はその人にしかできないからです。

 

それは決してマイナスな意味ではなく、その人の存在がいかに大切か、
改めて知ることができたきっかけでもありました。

 

要するに、どんな職場でも「〇〇さんに任せたい」「〇〇さんに戻ってきてほしい」と思ってもらえるような仕事をすることが重要です。

もちろん、戻れる環境があるかどうかは大切な要素ですが、
それよりも、復帰をした時の自分の居場所を作っておけるかどうかが重要になってきます。

そのために、受動的に言われたことだけをやるのではなく、自分で考え行動することが大切です。

仕事に自分ならではの付加価値をつけることが産休、育休を経た後の復帰に大きく関わってきます。

実際、仕事をストップして妊婦生活を送っていると、
「働きに出ることがいかに自分の活力になっていたか」を感じるそうです。

復帰した時に、職場の人からも家族からも必要とされる人ってなんかかっこいいですよね( ¨̮ )★

 

そしてその復帰した方たちが、現状の精度をもっといいものにしようと「ハッピーライフプロジェクト」という部門を立ち上げ、
ママでありながら働く女性をサポートする活動をしています。

 

私はまだ未婚ですが、結婚しても
ぜひうちにいてほしい!と言ってもらえるような人材になりたいと思います。