記事詳細

ARTICLE DETAIL
2017年8月7日

海外インターンは自分と向き合い成長させるきっかけになる

海外インターンは自分と向き合い成長させるきっかけになる

自分は将来どんな仕事に就きたいと考えていますか?具体性もなく曖昧に将来の仕事を考えている学生が多いでしょう。

それでは就職活動や入社してから大変です。

しかし、具体的に将来を考えるためには自分と向き合う必要があります。さらに、自分を成長させることも必要です。

実は海外インターンは自分と向き合うことや成長させるきっかけになるのです。

 

将来を考える上で必要なこと

学生にとって将来何の仕事に就くかは重要なことです。

それは就職活動につながり、そして社会人へとつながっていきます。

しかし、具体的に将来のことを考えるのには何が必要なのかはよく分からない方が多いです。

 

自分と向き合うことが必要

自分の将来を考える中で絶対に必要なことは自分と向き合うことです。

自分と向き合えていない人が将来を考えるのは無理なのです。自分と向き合うとは自分自身を知ることでもあります。

 

自分と向き合うと将来設計ができる

自分と向き合うと自分自身について知ることができます。

そして、自分自身を知ることは具体的な将来の展望につながるのです。

将来やりたいことがわかれば、今自分は何をするべきで何が必要なのかがわかります。

つまり、具体的な将来設計を立てることができるのです。もちろん、やりたいことが変化することはあります。

そんなときでも自分と向き合い、新たな将来設計を立てていけばいいのです。

 

海外インターンで自分と向き合い、成長

それでは自分と向き合うにはどうしたらいいのかを知りたいでしょう。

自分と向き合う方法は人それぞれです。環境を変えたり、さまざまな経験を積んだりすることで自分と向き合うことができます。

今回は一例として海外インターンを自分と向き合うための方法として紹介します。

 

海外インターンは自分と向き合う機会になる

海外インターンは自分と向き合う機会としては絶好の場です。

なぜなら海外に出ることにより、完全に環境が変化するからです。

海外インターンで新しい環境に身を投じると大小壁にぶつかります。
しかし、甘えが許される場所ではなく逃げることもできません。

つまり、否応なしに自分と向き合う環境になっているということなのです。

そのため、海外インターンは自分と向き合うのに最適な機会なのです。

 

海外インターンによって成長ができる

海外インターンでは自分と向き合うことができるだけでなく、自分自身を成長させることができます。

海外インターンでは大小壁にぶつかるわけですが、そんな壁を前にしてもがくことは非常に有意義で自分の成長につながるのです。

得られるものは必ずあるのです。社会人になっても壁にぶつかることがあります。

しかし、壁を前にして逃げるだけでは成長はありません。

海外で逃げられない状態で壁の前でもがいた経験は将来に活かすこともできます。

多くの学生にとって海外インターンは自分と向き合い、成長させてくれるきっかけとなっているのです。

 

まとめ

学生の中には将来のことを曖昧にしか考えていない人が多いです。

しかし、それでは就職活動や社会人になってから苦労をします。

学生時代から自分と向き合い、将来のことを考える必要があります。

自分と向き合う絶好の場のひとつが海外インターンです。

海外インターンで自分と向き合い、自分自身を成長させてみてはどうでしょうか。