記事詳細

ARTICLE DETAIL
2018年4月26日

自己分析やりたくないなら、その時間で企業に会いに行け

自己分析やりたくないなら、その時間で企業に会いに行け

就活のスタートとも言える自己分析ですが、何から始めていいのか分からないのであれば、何も考えずにとりあえず企業のイベントなどに参加するのも一つの手です。

この記事では、「自己分析をスタートするために企業に会いに行く」、そのやり方と考え方について、就活生の現状を踏まえながら解説していきます。

自分のことを理解しているなら自己分析をする必要はない

「自己分析は就活の時期に必ずやるべきもの」と考えらていますが、私もそれに関しては同意です。
しかし、一部、自己分析をする必要がない学生さんもいます。

それは、日頃から自己分析をする癖がついている方です。
自己分析のほとんどが「やりたいこと」「できること」を理解することであり、人によっては小学生ぐらいから、ずっと考えている方もいらっしゃるでしょう。

それがわかっている人がこれからすべきは、給与面や拘束時間などの働き方についての求める条件やどんな社員と一緒に働きたいかといった具体的な部分を決めることです。

 

ほとんどの学生は就活の時期に初めて自己分析をするという事実

あなたに自己分析が必要かは分かりませんが、ほとんどの学生にとって自己分析は必須といえます。

  • 「自分が何をしたいのか」
  • 「自分が活躍できるフィールドは何か」
  • 「自分が他の人より好きなこと、嫌いなことは何か」
  • 「今までの興奮した経験、苦労した経験は何か」

様々な内容がありますが、自分の過去をトコトン振り返り、「自分とはどういう人間なんだろう」と、客観的に理解する必要があります。

この段階を踏まないと、あなたは必要のない無駄な企業に応募することになりますし、就活における軸がないので、一貫性のない自己PRや志望動機になってしまい、面接官からなかなか信用を得られません。

就活は「なんとなく」ではダメなのです。本気で自分について知り、自分が本当にやりたい仕事や働き方を知らなければいけないのです。

 

他己分析で自己分析が正しいかを確認しよう

「自分のことは一番自分が分かっている」

と思うかもそれませんが、もしかすると、自己評価と周りからの評価に大きな差があるかもしれません。自分を高く評価しすぎているかもしれませんし、逆に自己評価が低すぎることもありえます。

就活においてあなたを判断するのは、あなた自身ではなく面接官、つまり他人です。

自己分析が正しいかどうか不安を感じているのであれば、周りの人にあなた自身について評価してもらう機会を作りましょう。

自己認識と他己分析が一致しているなら問題無し。明らかに評価が違う場合は要注意です。

ちなみに、家族や友人からの判断よりも、あまり面識のない人に判断してもらうのが、一番正確な評価を得られることになります。なぜなら、面接官は全くの他人だからです。

可能であればですが、年齢や性別なども、できるだけ面接官に近い人に頼むのが効果的です。

 

自己分析がやりたくないなら、何も考えずに企業に会いに行こう

自己分析はしなければいけないけど、何から始めていいのか本当に分からない…という方は、何も考えずに合同企業説明会やインターンシップに参加することをオススメします。

この時の参加目的はあくまで「自分の興味がある分野を受動的に知ること」です。

本来であれば、ある程度自分を知ってから参加するほうがかなり効率は良いですが、就活のキッカケ作りという意味でもイベントは有効活用ができます。

 

悩んで動けないくらいなら、悩まずに動くほうがマシ

どれだけ知識があっても、どれだけ能力があっても、行動、実践しなければ何も意味がありません。

自分に就活のモチベーションが無いのであれば、今すぐにでも行動に移し、まずは行動する癖をつけることを優先すべきでしょう。

「しっかり自己分析をしてから就活を始めなきゃ…」

と感じていながら行動に移せていないなら、何も考えずに企業に会いに行きましょう。

 

様々な企業に触れることで、ようやく分かることがある

様々な企業から情報を吸収することで、自分の興味がある企業やその業界に気づくことができるかもしれません。

逆に自分が興味をもっていた業界が思っていた内容と違うことに気が付くかもしれません。

ネットでの情報だけでは分からないことを沢山得られるでしょう。

「こういう会社で働きたいな」といった小さな欲求が生まれれば、それだけで参加した価値はあると思います。

 

分かってからようやく自己分析を始めることができる

企業の説明会を聞いたり、インターンシップなどで働くことについて考える機会を得ることによって、就活モードに入る方が多いです。

その段階で、ようやく自分のことについて考えなければ…という危機感を覚えるはずです。

危機迫る状態になると就職活動のモチベーションは高くなっていきます。

「周りがやっているからやらなきゃ」と感じてなんとなく就活している人達とは比べものにならないでしょう。

 

 

数年後に社会人になるという自覚はあるか

就活のモチベーションが高い人の共通点に「働くイメージができていること」が挙げられます。小中高大までの進路とは全く別次元の世界に飛び込むことになりますが、その現実をしっかりと受け止め理解していますか?

今まではお金を払って学生生活を送っていたと思いますが、これからはお金をいただくために働くことになります。

当然、環境が大きく変わるので、今までの進級、進学とは違った意識の改革が必要になるでしょう。

 

まとめ

就職活動はあなた自身のために行うものです。

当然、自己分析もあなたのために行うものです。

あなたの将来をより良いものにするために、就職活動に精を出すのです。

  • 「やりたくない」
  • 「面倒くさい」
  • 「やる気が起きない」

という気持ちは分かりますが、結局、損するのはあなた自身です。

 

たった数ヶ月、本気で取り組むことで、未来が大きく変わります。

まだ、何も本気で取り組んでいない方は、まずは自己分析から始めましょう。

 

 

手間がかかるかもしれませんが、これが正しい就職活動であり、最終的には最も効率が良い方法です。

自己分析ができていれば、イチイチ企業に合わせて自己PRを考える必要もありませんからね。

飛行機が飛び立つ時と同じで、滑走路を走り始めるときは膨大なエネルギーが必要ですが、一度離陸しまえば、一気に楽になります。

それでも、自己分析の一歩が踏み出せない方へ

「イベントの申し込みを今すぐしてしまいましょう。」