記事詳細

ARTICLE DETAIL
2018年3月1日

面接で話す際に意識することは3点!デートをして聞いてみた!

面接で話す際に意識することは3点!デートをして聞いてみた!

みなさん、こんにちは!
2018年卒インターン生お色気担当の渡邊佳奈です。

本日は悩める就活生のために面接で意識することは何か取材してきました!

今回突撃取材をさせていただいたのは…。

一般社団法人日本タイムスケジューリング協会 専務理事
森川 宗貴様!!

ということで大阪の梅田にあるデートにぴったりの素敵なお店を即予約いたしました。

わくわくしますね~!!

インタビュー当日!
デートということもあり、緊張の面持ちな私。
しかし、おしゃれなお店を前にしてウハウハと少し気持ちが和らぎます。(こういうところは女子)

学生の伸び代を見つける

森川さまは2016年の秋に一般社団法人日本スケジューリング協会を設立。
タイムマネジメントについての講習やセミナーなどを行っています。

前職はコンサルティング会社や、民間企業の人事をしていたそうです。

現在は「お客様の人材開発部として実際に一緒に考え、汗をかき、施策の立案、運用、定着、自走まで支援します。」という理念の基、日々人事部としてご活躍されております。

  • 人材開発コンサルティング
  • 施策運用、定着の支援
  • 採用活動支援
  • 教育体系整備
  • 制度設計(人事評価、等級、教育、賃金、福利厚生等)
  • 定着後フォロー

森川さんはお一人で以上6つの事業を主な軸に活動されているそうです。

・・・すごい。
個人でこれだけのことができるものなんだと、人の可能性を感じました。

ーーーーー独立して丸三年。

渡邊
森川様は個人で活動されているみたいですが、なぜ起業されなかったのですか?
森川さん
前職のコンサルティング会社で仕事の仕方を学びました。

森川さん
もともと起業する予定で経営ノウハウなどを身に着けていたのですが、身体の体調不良もあり、会社を辞めることになって有給休暇をとっていると起業したい意欲が薄れてしまって…。
渡邊
薄れてしまったんですね。では今の仕事をしようと思ったきっかけはなんですか?
森川さん
多店舗展開のノウハウや、オペレーション開発などを通じて人を育てることは面白いなと思って、会社全体の人材育成を仕掛けにいく。こういうことを仕事にしたいなと思って人事の仕事につきました。

人を育てる=会社を育てるという考え方、とてもしっくりきました。

人が育てば会社も育つ。逆も然り、その考えは、あながち間違いではないのかしれませんね。

渡邊
では、今はその個人事業と社団法人の二つの仕事をなさっているんですね!
森川さん
そうですね。大学に単発で1,2回生向けのキャリアデザインの講義を行ったり、タイムマネジメントの研修講師も行なっています。
渡邊
大学にも!?企業だけでなく、学生のサポートも行っているんですか?
森川さん
はい。参加者主体の研修にしています。内容はマインドセットやビジネススキルです。
渡邊
マインドセットって大事ですね、私も受けてみたいです!

お気づきかと思いますが、森川様はお話上手で、
ここに書ききれないぐらい、波瀾万丈な生い立ちを話してくださいました。

 

面接で最も重要なポイントは?


 こんなに経験豊富なら絶対聞きたいこれ。

 

“自分の言葉”で説明する

渡邊
面接で人事の方がみるポイントって何ですか?

森川さん
自分で考え、自分の言葉でしゃべっているかどうか。マナーなんてある程度できていればいいんですよ。
渡邊
なるほど!でも考えを言葉にするのってなかなか難しいから奇麗な文で話そうって思っちゃいます・・・
森川さん
奇麗な文で話すと大体浅っぺらい内容になるんです。あと、考えなしで突入してくるのは駄目ですね。
渡邊
考えなしは後でボロが出そうで怖いですね…
森川さん
でも私の場合、その場ではまだ上手く出来ていなくとも今後面談をして期待できる学生は選考中に育てあげます。

渡邊
え?!わざわざ育ててくれるんですか?!
森川さん
育てるというより、自分の良さをわからない学生に良さを気づかせるサポートをします。ただ、やればできる学生が多いのも事実。それならその手伝いをしてあげようと思ったんです。
渡邊
学生にとってはとってもありがたいですね。
森川さん
伸び代のある学生に対して、自分たちがしてあげられることをやりきったかどうか。いい子は多いのにもったいないですからね。
渡邊
そんな人事の方に出会えたら幸せです・・・。では、森川様が思う面接で学生が陥りやすいポイントってありますか?

 

面接で学生が陥りやすい表現

渡邊
森川様が気になる面接でのNGワードってありますか?
森川さん
そうですね・・・、例えば『飲食店でアルバイトしていました。』これはNGですね。
渡邊
これの何がダメなんですか??定型文と言っていいぐらいみんな使いますけど・・・
森川さん
飲食店という言葉は指し示すものが広いです。飲食店といえば何を想像しますか?
渡邊
んー…居酒屋とかレストラン、カフェですかね??
森川さん
自分が想像するものと相手が想像するものってちがうでしょ?そこの店の業態によってどんな仕事をしていたのか変わってきます。これをいかに相手にわかりやすく伝えるかですね。コミュニケーションとは情報と感情を共有することなんです。
渡邊
あ、確かに・・・。私使ってたかも・・・。
森川さん
あと、集団面接など短時間での面接の際は、一問一答をしてくる人事に対しては、最初からわかりやすい話をすべきです。変に、「ここ質問して!」ってあざとくしないように。

自己PRと動機はイコール

森川さん
志望動機は、あくまで主体的じゃないとダメなんです。私はこうしたいからあなたの会社に入りたい、など。
この会社がこうだから入りたいです。では、会社が変わったら辞めるの?って話。きっかけとしてはありだけどね。
渡邊
あ、これは私も就活の時に悩みました。この人と働きたい、こんな人と働きたい!と思ったけど、じゃあその人と違う部署だったらどうするの?って母に言われました…

これ、なかなか陥りやすいと思います!!要チェック!!

“新卒”というのはブランドです。今しかできない就活です。
中途採用はできる前提、新卒は見込みであって、「~したいです」で採用してくれるんです。結局、就活は自分で決めること。納得する就活をしてほしいですね。

 

まとめ

今回は、面接のポイントや就活に対する意識などについてお話しいただきましたが
知っていたつもりでも就活生がよくやりがちな失敗例が多く出てきました。

自己分析をしていたつもりでも、得意なこと・苦手なことが分かっておらず、就活終盤になってきてから気がついて後悔してしまうかもしれません。

まずは自己分析をしたうえで改めて他者から自分がどんな人なのか分析してもらうのが良いかもしれません。

インターンを始めてから様々な企業の人事の方とお話しする機会があるのですが、本当に私の知らない魅力がそこにあったり、もっと早くから知っておけばよかったと思うことも多々あります。

就活生の皆さん!!

今やる時です!!
このチャンスを逃さず、自分の納得する就活を!!

 

おまけ:取材許可してくださったバラリックス・ザ・ガーデン様でパシャリ

 


タイトルにあるように、これはデートなんでね。ちょっとデートっぽい写真ほしいじゃないですか。

どうです?デートっぽいでしょ?笑

今回、快く取材の許可をしてくださった、バリラックス・ザ・ガーデン梅田様!!

おしゃれなバリ島をイメージしたレストランです!!

ウェディングレストランも行っているようです!!

デートや女子会にもぴったりですよ!!

ーーーーーーーーーーーーーー
【取材協力】
一般社団法人タイムスケジューリング協会

専務理事 森川宗貴様

個人的に森川さまのAmebaブログが好きです。
たくさん本を読んでいらっしゃっていて、
とてもわかりやすく内容や感想が載っています。
本が好きな方は是非!
http://ameblo.jp/mkawakachou/

【取材撮影場所】

バリラックス ザ ガーデン 梅田(大阪)さま
http://pefa.jp/bali-u/