記事詳細

ARTICLE DETAIL
2018年9月13日

【2020卒】早期内定獲得のための、秋冬インターンの選び方

【2020卒】早期内定獲得のための、秋冬インターンの選び方

夏インターンが終わってひと段落・・・と思っているのも束の間。

10月頃から、秋冬インターンに向けて募集が本格的に始まる時期でもあります。

「夏インターンに参加したけど、秋冬インターンにも参加した方が良いの?」

「そもそも夏インターンと秋冬インターンの違いは?」

学生が実際に秋冬と夏の両方に参加して感じたこと、わかったことを徹底解説します!

夏のインターンとの違いは?秋冬インターンの特徴

夏インターンと秋冬インターンの違いってなに?

夏のインターンとは、学生が夏休み期間中である8月から9月にかけて実施されるインターンのことです。

1DAYのインターンだけではなく、2~3日泊まり込みで行う宿泊型のインターンや、1~2カ月間オフィスに通う通勤型のインターンなども多く設定されています。

それに対して、秋冬インターンは10月から本選考解禁までの2月の間に実施されるインターンのことです。

授業期間ということもあり、土日か平日の夜に1Day設定される場合がほとんどです。

 

早期内定獲得できるかも!選考に直結するインターンシップの内容って? 

夏のインターンの一番の目的は、母集団形成です。他者より早く出会い、秋以降のインターンや選考会に動員できる人数の確保を、ほとんどの企業が進めています。

秋冬インターンでは、その学生の母集団を、自社を志望する学生に変えていくことが目的です。

つまり、企業側は早期選考会に動員したいと考えているので、学生にとっては、内定取得のチャンスが一気に高まります。

内容は自社の魅力を伝えるために、グループワークで新商品の開発案やマーケティング方法を考えるなどの、ワークショップスタイルが多くなるので、よりその企業らしい仕事を体験することができます。

また、企業側は学生自身の能力を見分けることができる場でもあります。

何度か関わって、学生の本来の素質を見極める時期ですね。

そのため、インターンで企業側が欲しいと思った学生には特に選考会にきて欲しい!と思うわけです。

なので、秋冬インターンは早期内定を獲得できるチャンスだと考え、より力を入れて参加するのがおすすめです!

 

秋冬インターンに参加する時期や準備しておくこと

秋冬インターンの倍率はどのくらい?

多くの企業が、秋冬インターンは本選考に直結すると考えています。

そして冬は、2月が特に早期選考会の活発な時期になります。

学生も期末試験が終わり、同時に企業も3月までに早期内定者を出しておきたいところ。倍率は夏より高まる傾向にあるでしょう。

夏のインターンと違いエントリーすればだれでも参加できるというわけではないと思いがちですが、インターン解禁の6月から近い夏に比べると、秋は積極的に動く学生は少し減ります。

結果として、企業も採用を意識し始め、ほかの学生の動きも落ち着く秋は狙い目です!

 

秋冬インターンは早期内定獲得のチャンス

秋冬インターンは夏インターンと比べて日数が短く、本質的に選ばれる時期なので一見かなりハードルの高いものに思われます。

しかし、早期内定獲得のチャンスの場でもあるので、しっかりと自己分析をした上で面談の練習をして、自分らしく臨むことができれば、3月の選考解禁と同時に内定獲得も夢ではありません!