記事詳細

ARTICLE DETAIL
2019年3月12日

【従業員に人気の福利厚生4選|福利厚生を充実させるメリット】

【従業員に人気の福利厚生4選|福利厚生を充実させるメリット】

 

福利厚生を充実させることで享受できるメリットは、多くあります。ここでは、福利厚生を充実させるメリットと、従業員に人気の福利厚生4選について、ご紹介していきます。

参考記事

 

福利厚生とは?従業員に人気のある福利厚生を充実させよう

 

就活マニュアルプレゼント

福利厚生を充実させるメリット

福利厚生を充実させるメリットとは何でしょうか?ここでは、主な4つのメリットについて、それぞれご紹介していきます。

従業員の定着率UP

1つ目は、従業員の定着率UPです。福利厚生が充実している企業では、社員の離職率が低くなっています。

これには、働きやすい環境が整備されている将来の不安が取り除かれている、という2点の理由があり、給料以外に社員に対する補助があることで、働きやすい職場づくりが可能になります。

例えば、結婚や子育て、介護などの必要性が出てきた場合、様々な不安が生じます。それは、金銭的なものから心身に関するものまで多岐に渡ります。このような将来への不安を取り除くことで、社員の離職率を低下させることができるのです。

従業員の定着率がUPすることは、優秀な人材に長く勤めてもらうことへとつながります。そのため、企業の運営において非常に重要な項目となります。

仕事の効率化

2つ目は、仕事の効率化です。福利厚生が充実している企業では、従業員のモチベーションがアップするため、仕事の効率化が図れます。従業員が自分の置かれている環境に満足することで、仕事の能率は大きく変わります。

従業員の健康促進

3つ目は、従業員の健康促進です。福利厚生が充実している企業では、社員の病気やケガのリスクを下げることができます。そのため、健康的に働ける社員が多いのです。このことは、仕事の能率を高めることにもつながるため重要です。福利厚生を充実させることで、病気やケガをある程度未然に防ぐことができるのです。

会社としての信用度(魅力度)UP

4つ目は、会社としての信用度(魅力度)UPです。福利厚生が充実している会社は、社員を大事にするイメージを持たれやすいので、世間一般からの評価も高くなる傾向にあります。

人にやさしい企業は、人気が集まるのです。その結果、会社としての信用度や魅力度が増します。これは、事業にも影響を及ぼすため重要です。会社としての信用度がUPすることで、より多くの人に支持され、売り上げ向上に期待できます。

 

従業員に人気の福利厚生4選

福利厚生には様々な項目があります。従業員に人気の福利厚生とはどのようなものなのでしょうか?従業員がずっと働きたいと思う制度を取り入れることが重要です。ここでは、お勧めの福利厚生について、4つをご紹介します。

住宅関連

1つ目は、住宅関連の福利厚生です。例えば、住まいについて金銭的な補助を行う住宅手当、社宅や独身寮の完備などが挙げられます。人気である理由は、住む場所が安定すること、長期的に補助が期待できることの2点が挙げられます。

1点目は、住む場所が安定することです。社宅や独身寮が利用できることは、入社直後の慣れない時期でも、安心して働くことができるのです。場合によっては、地元から離れた知らない土地で暮らす必要があるかもしれません。その際にも、独身寮があれば安心です。社宅や独身寮では、同じ会社に勤める社員が常に近くで生活するため、コミュニケーションが容易です。

2点目は、長期的に補助が期待できることです。住宅は、生きていくために必ず必要なものです。また、多くの費用がかかるため、負担も大きくなる傾向にあります。住宅手当など住宅に関連した福利厚生があれば、住まいに対する長期的な補助が期待できます。このことは、同じ会社で長く働くために重要なのです。

休暇関連

2つ目は、休暇関連の福利厚生です。例えば、慶弔・災害休暇や有給休暇などが挙げられます。休暇関連の福利厚生が人気である理由は、急な都合でも有給で休むことができること、リフレッシュができることの2点が挙げられます。

1点目は、急な都合でも有給で休むことができることです。慶弔・災害休暇があれば、急な都合でも有給で休むことが可能です。他にも、有給休暇を使って、家族の世話をすることもできます。急な都合でも有給で休むことができるのは、安心感があるため人気です。

2点目は、リフレッシュができることです。有給休暇を利用して、リフレッシュを測ることができます。旅行に行ったりスポーツをしたり家で休んだり、自由に時間を使うことができます。また、自己研鑽に使うこともできるなど、様々な使い方ができるため、有給休暇は人気があります。

休暇関連の福利厚生が充実していることは、社員のモチベーションを高く保つために重要です。休みが自由に取れないことは、リフレッシュの機会を逃すことになり、社員の不満が貯まります。そのため、休暇に関する福利厚生は、制度の整備だけでなく、実行力に関しても注意する必要があります。例えば、有給休暇の取得をしやすい環境が整備されているかなどが挙げられます。せっかく使える有給休暇あっても、なかなか使えないという企業も存在するからです。

レクリエーション関連

3つ目は、レクリエーション関連の福利厚生です。例えば、スポーツ施設利用料の補助、保養所の完備、宿泊費補助などが挙げられます。空き時間を有意義に過ごすことができることが人気の理由です、休日の過ごし方が豊かになることの2点が挙げられます。

1点目は、空き時間を有意義に過ごすことができることです。例えば平日、仕事を終えて家に帰る途中、スポーツジムを気軽に利用することが挙げられます。スポーツ施設利用料の補助があれば、仕事終わりのジムに通いやすくなります。自分の時間を有意義に使うことができるので毎日のモチベーション維持にも役立ちます。

2点目は、休日の過ごし方が豊かになることです。例えば、まとまった休暇を取って保養所を利用し、休暇を有意義に過ごすことができリフレッシュを測ることが挙げられます。また、宿泊費補助があることで、まとまった休暇が取れた際、旅行の計画が容易になります。

育児・介護関連

4つ目は、育児・介護関連の福利厚生です。例えば、育児・介護休暇の整備、育児や介護に関する支援制度の整備などが挙げられます。育児・介護関連の福利厚生が人気である理由は、希望のワークライフバランスを実現することができること、長く勤められる安心感があることの2点です。

ワークライフバランスとは、仕事とプライベートの両方を充実させることです。個人によって、家族構成や事情が異なり、希望のワークライフバランスも異なります。育児・介護関連の福利厚生が充実していることで、仕事だけでなく家庭に対しても力を注ぐことができます。家庭を大事にしたい人にとっては、重要な福利厚生なのです。

育児や介護には、多くの時間と労力が必要です。そのため、育児や介護が必要になった場合に、仕事を辞めてしまう人も少なくありません。しかし、育児・介護休暇や育児・介護に関する支援制度が整っていることで、長期的に働ける安心感を生みます。

 

まとめ

何気にある福利厚生の項目には、あなたが社会で働いていく中での生活面を支えてくれる制度が多く存在します。

他にも会社の特徴や理念にあった福利厚生があるので、調べてみると面白いですよ。特に女性の場合は結婚や出産にも関わってくるので、戻ってきてからの働きやすい環境基準に選んでる人もいます。

是非この記事を参考に、福利厚生について考えてみましょう。

 

 

 

就活マニュアルプレゼント