記事詳細

ARTICLE DETAIL
2019年3月12日

【男の就活必勝法!好印象を与える髪型のマナー【メンズ篇】】

【男の就活必勝法!好印象を与える髪型のマナー【メンズ篇】】

就活では、どのような髪形をすべきなのでしょうか?

就活における男性の髪形について、好印象を与える方法をお伝えしていきます。是非この記事を参考に、自分の身だしなみを見直しましょう。

ここでは、スーツなどの服装以外に気を付けるべき点である、髪形についてご説明していきます。以下に、好印象を与える髪形のマナーについて、お伝えします。

就活マニュアルプレゼント

スーツはばっちり!では髪型は?

就活と言えば、リクルートスーツを着用するということが真っ先に思い浮かびます。

そのため、就活が始まるまでにお店に出向き、スーツやバッグ、靴などの全身コーディネイトを買い揃える学生が大半です。就活に必要な服装グッズは全てばっちり揃えたけれど、いざ着用してみて悩むことが、髪形に関するものです。

スーツを着用することで、全身が清潔感のある見た目になります。一方で、いつもの髪形では、違和感が出てしまうのです。

そのため、就活本番に臨む前に、服装だけでなく髪形についても学ぶことが重要です。

頭のてっぺんから足のつま先まで、清潔感のある身だしなみを整えて、就活に臨みましょう。

身だしなみの重要性

就活において、清潔感のある身だしなみをするべき理由は、見た目の第一印象を良くするためです。

面接官も人間なので、見た瞬間に「真面目そうだな〜」「楽しそうな人だな〜」くらいには考えます。

ところでメラビアンの法則の法則というのはご存知ですか?

話す人が聞く人に対して伝えられる影響力を割合で示したものを言います。

これによると、言語、聴覚、視覚情報の3つに分けられ、それぞれ

言語が7%、聴覚が38%、視覚が55%だと言われています。

メラビアンの法則

つまり半分以上が見た目で判断されていることになり、話の内容より見た目のほうが重要度は高いということになります。

よって話の内容が良くても、見た目によっては聞いてもらえなかったり、うまく伝えることができずに不採用となってしまう場合もあります。

言語情報も気になる方へ…

 

短くして清潔感を

就活では、髪は短くして清潔感を出しましょう。清潔感を出すことで、面接官の印象を上げることができます。また、ビジネスにおいても、清潔感のある見た目を保つことはマナーとなっています。

具体的には、前髪は眉にかからないよう切りそろえるようにしてください。また、襟足・もみあげは刈り上げるようにすると良いでしょう。顔が髪によって隠れてしまうと、表情が見えにくく、相手に暗い印象を与えてしまう可能性があるからです。

整髪料(ワックス)は適量

就活では、清潔感を出すために、適量のワックスを使用して髪をセットするようにしてください。ワックスは、つけすぎると悪印象になるため気を付けましょう。また髪を立たせすぎないようにすることも重要です。派手になりすぎず、整った髪形にすることが重要です。

きちんと手入れされている髪であれば、スーツとの相性も良くなり、全体を見た時にすっきりした印象になります。髪をあまり手入れしていなければ、ちぐはぐな印象になります。面接官は、服装だけでなく髪形についても目を光らせています。髪は必ず整えるようにしましょう。また、髪はすぐに伸びてくるため、定期的に美容院に通ってメンテナンスをすることをお勧めします。

清潔感はあるがツーブロックはありか、なしか?

それでは、ツーブロックはどうでしょうか?清潔感があるツーブロックですが、就活においては注意が必要です。業界によって受け入れられる感覚が違うからです。ツーブロックにするかどうかは、志望している会社によって判断するようにしてください。

例えば、革新的なアイディアを必要とするIT企業や、流行に敏感なファッション関連業界を志望する場合、ツーブロックが受け入れられることが多くなっています。しかし、規律を重んじる金融業界や、古くから続く老舗のメーカーなどでは、ツーブロックは受け入れられない場合があります。面接官によっては、ツーブロックは派手で不真面目であるという印象を持つからです。

ツーブロック以外にも、髪形を考える場合は、志望している企業の性質を考えるようにしてください。

規律や伝統を重んじる会社においては、マニュアル通りのオーソドックスな髪形が好まれます。

一方で、革新的な会社においては、マニュアルにとらわれない新しい髪形が好まれる傾向にあります。

明るすぎる髪色は悪印象

就活では、明るすぎる髪色は悪印象です。お勧めは、就活に向けて髪を黒く染め直すことです。

黒色であれば、清潔感があり真面目な印象を与えることができます。髪色が明るいことは、派手な印象を持たれることがあるため、あまりお勧めできません。

髪形と同じく、自分が志望する企業の性質を鑑み、髪色を調整するようにしてください。規律や伝統を重んじる会社においては、黒色の髪が好まれます。

一方で、革新的な会社においては、黒色でなくとも受け入れられる可能性があります。

似合う髪型を見つけよう!

就活用といっても、マニュアル通りに実行すれば良いというものではありません。自分に似合う髪型を研究することが重要です。なぜなら、より好印象を与え、自分に自信をつけることができるからです。

1点目は、より好印象を与えることに繋がるからです。個人によって、似合う髪形、似合わない髪形が存在します。目鼻立ちや顔の輪郭、体系などに合わせて、髪形を考えましょう。また、自分がアピールしたい強みを、より強調できるような髪形にすることもお勧めです。

例えば、スポーツに力を注いできたことをアピールしたい場合は、短髪にすることなどが挙げられます。自分の似合う髪形にすることは、見た目の第一印象が良くなり面接官の評価も上がるためお勧めです。

就活では、自分の特徴をアピールする自己PRが重要です。発言内容の他に、見た目によっても、自分の特徴を伝えられるようにしましょう。

参考記事

 

3つのポイントを押さえよう!自己分析シートから自己PRを作る方法

 

2点目は、自信をつけることができるからです。似合う髪形にすることで、自分に自信が出てきます。就活における面接では、発言内容だけでなく、行動に関しても評価の対象になります。

自信がないようにしている就活生は、悪印象を持たれることがあるのです。自分に自信を持つことで、自然と姿勢が良くなり、表情も明るくなります。毅然とした態度を取ることで、好印象を与えることができます。

このように、マニュアル通りに実行するだけでなく、自分の納得するような髪形を見つけ実行することが重要です。分からない場合は、美容師や友達、家族などの周りの人に聞くようにしましょう。案外、自分の知らなかったことについてアドバイスがもらえるものです。色々な手段を試して、試行錯誤しましょう。是非、自分に似合う髪形を見つけてください。

外見の乱れがないかをこまめにチェックしよう

自分の髪形が決まったら、家を出る前に髪形を整えましょう。

さらに、会場近くに着いたら、必ず身だしなみをチェックするようにしてください。

  • 服のしわやほこり、汚れを確認
  • 髪形の乱れがないか
  • 表情の確認

なぜなら、移動中に動くことで、身だしなみが乱れることが多々あるからです。

せっかく家を出る前に完璧であったとしても、移動中に乱れてしまうことが考えられるのです。

会社の控室や本番の面接中に髪に触れることは、マナー違反です。

そのため、会場の近くに着いたら、必ず身だしなみを確認するという癖をつけるようにしてください。

事前に鏡で表情を確認することで、緊張をほぐすこともできるかもしれません。

まとめ

ここまで、就活における男性の髪形についてお伝えしてきました。身だしなみを整えることは、見た目の第一印象を良くするために重要です。自分に合った髪形で臨むことで、自信がつき、面接官に好印象を与えることに繋がります。是非この記事を参考に、就活の髪形について見なおしてみてください。

就活マニュアルプレゼント