記事詳細

ARTICLE DETAIL
2019年4月15日

【就活の髪型】ボブが受かりやすいって本当?長さ別おすすめスタイル

【就活の髪型】ボブが受かりやすいって本当?長さ別おすすめスタイル

はじめての就活は分からないことだらけ。就活では第一印象が大事です。

評価に大きく影響する第一印象で、特に髪型は重要なポイントです。

ここでは、就活の髪形について、お伝えしていきます。

就活マニュアルプレゼント

どの長さでも求められることとは? 

就活では、第一印象が合否に大きく影響します。

なぜなら、第一印象を良くすることは、ビジネスにおいても重要視されるからです。

特に見た目の印象は、会って最初に目につくことから、優先的に気を付けるべきです。

就活における髪形について、長さの決まりは特にありません。

どの長さでも良いと言えます。一方で、どの長さでも求められることがあります。

それは、清潔感を損なわないこと不真面目な印象にならないことの2点です。

以下に、詳細をご説明します。

清潔感を損なわないこと

1点目は、清潔感を損なわないことです。

見た目の上で不潔であると判断されるような髪形は避けましょう。

清潔感を保つうえで注意したいポイントは

整髪剤に気を遣うこと

まとまりに気を払うこと

の2つです。

 

1つ目は、整髪剤に気を遣うことです。

具体的には、整髪剤の量やにおいに注意してください。

整髪剤が多すぎると、不自然な見た目になります。

逆に少なすぎると、整っていない印象になります。

においに関しても、きつすぎる場合は相手に不快感を与えかねません。

 

2つ目は、まとまりに気を払うことです。

まとまりがない髪は、不潔な印象を与えることに繋がります。

朝起きて髪が乱れている場合は、シャワーや整髪剤を使用してまとめるようにしておきましょう。

また、会場までの移動によって髪形がくずれる場合もあります。

会場に着く前に、必ず鏡で髪形をチェックするようにしましょう。

乱れた場合にすぐに整えられるよう、くしや整髪剤などのグッズを携帯することも忘れないでください。

 

以上2つのポイントを守って、清潔感のある髪形を目指しましょう。

不真面目な印象にならないこと

2点目は、不真面目な印象にならないことです。

不真面目であると捉えられるような髪形は避けましょう。

不真面目な印象にならないうえで注意したいポイントは、

アクセサリーに気を付けること、派手になりすぎないように注意することの2つです。

 

1つ目は、アクセサリーに気を付けることです。

就活中は、髪につけるアクセサリーに注意してください。

色や柄が派手なものは避けるべきです。

お勧めは、黒色のゴムやピンです。

なぜなら、真面目な印象を持たれやすくなるからです。

存在感が大きなバレッタなどは避けた方が無難と言えます。

 

2つ目は、派手になりすぎないように注意することです。

目立つ巻き髪や奇抜な刈込みは避けるべきです。

また、髪色についても注意が必要です。

派手になりすぎないようにするためには、髪を黒色に染め直すべきです。

以上2つのポイントを守って、不真面目な印象にならないように注意しましょう。

 

個性的との違いとは?

就活では、同じ歳ほどの学生が山ほどいます。

1つの企業に多数の学生の応募が殺到するのです。

就活を上手く乗り越えるためには、周りの学生に差をつけるような何かをしなければなりません。

そんな時、見た目で個性を演出するという方法があります。

周りの学生と同じような見た目であるがために埋もれてしまうことを避ける方法です。

これには、一歩間違えれば、「派手」「不真面目」のようなマイナスの印象を与えかねない

難しい判断が必要になってきます。

 

マイナスの印象と、個性的であるというプラスの印象の違いは何でしょうか?

それは、マナーを守るか守らないかの違いです。

少々目立つ髪形であっても、マナーを守っていれば、

個性的であるというプラスの印象を与えられることができます。

一方で、マナー違反の髪形であれば、マイナスの印象を持たれてしまいます。

就活では、マナーを守った髪形で、個性を出すよう心がけましょう。

 

長さ別おすすめスタイル 

美容院 就活

ここからは、長さ別のおすすめスタイルをご紹介します。

長さ別おすすめスタイル<ロング>

まず、ロングの場合です。

フェミニン過ぎず、ナチュラルさを出しましょう。

ロングの場合は特に、アレンジが豊富にできるため、つい手をかけすぎてしまいがちです。

就活では、あくまでもナチュラルなスタイルが高評価につながることを念頭に置きましょう。

また、切れ毛、枝毛など気を使っていない感が出ないように注意も必要です。

ロングであっても、少しでも手入れをさぼると、切れ毛や枝毛が目立ってしまいます。

髪は伸ばしっぱなしにするのではなく、定期的に美容院に通い、形を整えてもらうようにしましょう。

就活では、髪が長い場合、後ろで1本に縛ることが多くなっています。

なぜなら、そうすることで髪の広がりを抑え、清潔感を出すことができるからです。

また、お辞儀をした時に顔に髪がかかることも避けられます。

就活では、顔の大部分が髪で隠れると、表情が見えず、暗い印象を与えてしまいがちです。

さらに、頻繁に手で髪を触ることはマナー違反となります。

そのため、ロングの場合は、髪が顔にかからないようにゴムやピンを使って工夫しましょう。

長さ別おすすめスタイル<ショート>

次に、ショートの場合です。

ショートは、活発なイメージがあることから、明るくはつらつとした印象を持たれやすくなります。

就活においては、志望先の企業に合わせることが重要です。

例えば、高い行動力が要求される営業職を志望する場合には、

明るくはつらつとしたイメージを持たれやすいショートは、有利に働くことがあります。

 

就活において、ベリーショートはありなのでしょうか?

結論から言うと、あまりお勧めのスタイルではありません。

ベリーショートは、奇抜な印象を持たれる可能性があるからです。

ショートヘアを選択した場合、髪の乱れに注意することも重要です。

朝起きて髪形がくずれていないか、移動中に髪が乱れていないか、十分に注意しましょう。

長さ別おすすめスタイル<ミディアム>

最後は、ミディアムの場合です。

ミディアムでは、特にブがお勧めのスタイルです。

ボブがお勧めである理由は、4つあります。

それは、

・雰囲気が良くなること

・手入れが楽であること

・印象が良くなること

・普段使いができること

です。それぞれについて、以下に詳しくご説明しましょう。

 

1つ目は、雰囲気が良くなることです。

ボブスタイルにすることで、明るい、可愛い、綺麗といったポジティブな雰囲気を演出することができるからです。

ボブであれば、顔の形に合わせて、髪を耳にかけて顔周りをスッキリ見せたり、

反対に顔周りを適切に髪で隠したりできます。

このように、ボブはどんな人にも合う女性らしい髪形のため、お勧めなのです。

 

2つ目は、手入れが楽であることです。

ボブは、髪の長さを選びません。

多少、短くても長くても、簡単にセットすることができます。

前髪の長さも自由です。

定期的に短く切りそろえることもできれば、長く伸ばして横に流すこともできます。

前髪を長くして、ワンレンボブにすれば、クールな印象を持たすことも可能です。

このように、ボブスタイルは、髪の長さを選ばず手入れが楽なことから、

中長期で利用可能であると言えます。

数か月にも渡る長い就活の間中、同じ髪形で過ごせるのです。

 

3つ目は、印象が良くなることです。

ボブは、清潔感があり、真面目であるという印象を持たれやすいという特徴があります。

このように、髪形だけで清潔・真面目だという印象を与えられるボブスタイルは、就活においてお勧めの髪型です。

 

4つ目は、普段使いができることです。

ボブは、全体の形を整えるだけで見栄えのするスタイルです。

様々なアイテムを使用した手間のかかる毎朝のセットは、あまり必要ではありません。

就活のための特別なセットの必要がないということです。

これには、時間短縮が可能であるといったメリット以外に、

普段と同じ状態で就活に挑めるというメリットがあります

ボブスタイルにすることで、気持ちの乱れがなくスムーズな就活が可能になると言えるのです。

以上4つの理由から、就活ではボブスタイルがお勧めです。

 

どんな髪形にしようか迷っている人は、是非ボブにしてみましょう。

いずれも前髪の長さは注意が必要 

どの髪形においても、前髪の長さには注意が必要です。

なぜなら、前髪は顔にかかる部分であるからです。

長すぎれば、目が髪で覆われてしまい、暗い印象を与えてしまいます。

短すぎれば、全体とのバランスがちぐはぐになり、奇抜な印象を持たれる恐れがあります。

 

髪型は身だしなみの1つ 

微笑む社会人

髪形は、身だしなみの1つに過ぎません

就活では、全ての要素を合わせて総合的に評価がなされます。

身だしなみの他のチェックポイントである、

服装や小物、表情なども併せて整えておくことが重要です。

 

まとめ 

ここまで、就活における髪形についてご紹介してきました。

長さ別のお勧めスタイルや注意点などを参考に、

自分に合った髪形を見つけて、就活に臨みましょう。

 

就活マニュアルプレゼント