記事詳細

ARTICLE DETAIL
2019年4月17日

就活必勝法!好印象を与える髪型のマナー【女性篇】

就活必勝法!好印象を与える髪型のマナー【女性篇】

就活では、髪形に気を配ることで、面接官の評価を上げることができます。

就活で好印象を与える髪形のマナーとはどのようなものでしょうか?

ここでは、特に女性の髪形について、ご紹介していきます。

就活マニュアルプレゼント

第一印象で好感度の高い髪型とは? 

就活では、第一印象が重要です。

なぜなら、ビジネスにおいても第一印象は重要視されるからです。

人は見た目で判断できないというのは最もの意見ですが、見た目を整えておくことは

マナーの1つであるため、軽視すべき項目ではありません。

見た目だけで判断されて門前払いを受けないよう、十分に気を付ける必要があります。

 

就活では、なんといっても清潔感を演出することが大事です。

清潔感があれば、「フレッシュである」「真面目である」といったプラスの印象を与えやすくもなります。

まずは、毎日の手入れを怠らないことから始めてみてください。

髪をきちんと洗うことはもちろんのこと、ドライヤーや整髪剤によって、

髪形を常に整えておく癖をつけましょう。

 

見た目の第一印象を良くすることができれば、面接官にきちんと話の内容を聞いてもらえます。

そうすれば、自分の中身を正当に評価してもらえることに繋がります。

そのため、就活では、第一に見た目の第一印象を整えることから取り組みましょう。

絶対に押さえておきたいポイント 

髪型が決まって喜ぶ女の就活生

具体的に、どのような髪形が面接官の印象が良いのでしょうか?

ここでは、就活における髪形について、絶対に押さえておきたいポイントを3つ、ご紹介します。

眉を出す

1つ目は、眉を出すことです。

なぜなら、明るい印象を持たれやすくなるからです。

眉を出す方法は、主に以下の2点です。

それは、前髪を長くのばしたままにすること、定期的に切りそろえることです。

 

1点目は、前髪を長くのばしたままにすることです。

のびた前髪は、横に長し、ピンなどを用いて留めるようにします。

そうすることで、眉を出したスッキリとした印象の髪形にすることができます。

定期的なメンテナンスの必要もなく、比較的楽な髪形であると言えます。

注意すべきは、前髪をのばし始めるタイミングです。就活中にのばすという行為は避けるべきです。

なぜなら、中途半端な長さの前髪は、どうしても眉を隠してしまうことになるからです。

前髪を長くのばしたままにすることを選択する際は、

就活が始まる前から前もって、前髪をのばして準備しておきましょう。

 

2点目は、前髪を定期的に切りそろえることです。

常に眉を出すことができるよう、定期的に前髪をカットしましょう。

就活では、普段の生活以上に前髪に気を払い、メンテナンスを行うようにしてください。

適切な長さの前髪であることは、それだけで面接官に与える印象を良くすることに繋がります。

 

就活では、以上2点のどちらかの方法で、眉を出すことを意識するようにしましょう。

顔周りをスッキリ見せる

2つ目は、顔周りをスッキリ見せることです。

なぜなら、表情が見えやすくなるからです。

就活では、言葉によるアピールと同時に、全身によるアピールも重要となってきます。

楽しい話をする時は笑顔で、苦労した話をする時は真剣な顔で、語ることで説得力が増します。

また、面接官のジョークに笑ったり、他の就活生の発言にあいづちを打ったりといった

リアクションを伝えることも求められます。

そこで以下に、顔周りをスッキリ見せる方法として、2点を例に挙げてご説明します。

それは、整髪剤やアクセサリーを使うこと顔の形に合わせた髪形にすることです。

 

1点目は、整髪剤やアクセサリーを使うことです。

主に、顔の横にかかる髪を整えてスッキリと見せることができます。

整髪剤は量やにおいが過剰にならないように注意してください。

また、アクセサリーは派手にならないよう注意しましょう。

 

2点目は、顔の形に合わせた髪形にすることです。

就活を機に思い切って髪形を変えてみるのも良いでしょう。

髪形については、プロの美容師に聞くこともお勧めです。

 

就活では、以上2点の例を参考に、顔周りをスッキリ見せるよう工夫してください。

長い髪は束ねる

3つ目は、長い髪は束ねることです。

なぜなら、束ねることで清潔感が増すからです。

髪が長い場合、束ねておかないと髪が広がってしまい不潔な印象を与えてしまう恐れがあります。

また、お辞儀をしたときなどに髪が乱れることに繋がります。

お辞儀の度に髪に手をやって整える行為は、マナー違反となります。

そのため、就活では長い髪は束ねるようにしましょう。

長い髪を束ねる際に注意すべきポイントは、束ね方アクセサリーの2点です。

 

1点目は、束ね方です。

就活では、長い髪は後ろで1本に縛ることをお勧めします。

横で縛ることやアレンジを加えることは、派手な印象を与える恐れがあるためあまりお勧めできません。

 

2点目は、アクセサリーです。

就活では、長い髪を縛る場合、目立たず地味なアクセサリーを使用するようにしましょう。

派手なアクセサリーは、不真面目な印象を与える危険性があるからです。

お勧めは、黒色のゴムやピンです。

 

就活では、以上2点の注意点を守って、長い髪を束ねるようにしましょう。

 乱れた印象はNG

就活では、乱れた印象はNGです。

具体的には、切れ毛や枝毛などのダメージヘア、おくれ毛、髪色などです。

 

切れ毛や枝毛などのダメージヘアは、あらかじめ整えておきましょう。

髪を伸ばしっぱなしである場合は、美容院で切りそろえてもらうことをお勧めします。

ダメージが出ている部分への対処は、切ってもらうことが最も手軽で効率的であるからです。

そうでない場合は、トリートメントなどを使用して、整えておくようにしてください。

 

おくれ毛は、きちっと抑えるようにしましょう

整髪剤やピンを使う方法がお勧めです。

就活では、移動距離が長くなる場合や、待ち時間が長くなる場合が多くあるため、定期的なチェックも必要です。

常に髪を整えられるよう、グッズ一式を持ち歩くようにしてください。

 

髪色は、ナチュラルに保ちましょう。

就活では、明るい髪色は派手であるという印象や、不真面目であるという印象を持たれてしまいます。

気になる場合は、黒色に染め直すことをお勧めします。

 

以上のポイントを押さえて、就活では常に整った髪形を保つようにしましょう。

 

 没個性ではないかと悩む方へ

就活 個性

ここまで、好印象を与える髪型について説明してきました。

しかし中には「私の個性が死んでしまう。没個性では?」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

結論から言うと、悩む必要はありません。

それは面接官に第一印象だけで「話を聞く気にならない」といった、

もったいない状況にならないためと考えてはいかがでしょうか?

第一印象を整えておくだけで、面接官に、話を真っ向から聞いてもらえることに繋がるのです。

話を聞いてもらえさえすれば、こちらのものです。見た目だけでなく、中身で判断や評価をしてもらえます。

 

就活では、思い通りにならないことがたくさんあります。

その中でも工夫することで、上手く乗り越えられるものです。

本当のあなたの個性・魅力を発揮できるよう応援しています!

まとめ 

ここまで、就活における髪形について、女性の場合に絞って、好印象を与えるマナーをお伝えしてきました。

就活で好印象を与える髪形のポイントを押さえて、準備を万全にしましょう。

また、途中のメンテナンスも怠らないよう注意しましょう。

是非この記事を参考に、本当のあなたの個性・魅力を存分に発揮し、

面接官に伝えられるよう、対策してみてください。

 

就活マニュアルプレゼント