記事詳細

ARTICLE DETAIL
2018年4月10日

懇親会に参加した時のホンネ

懇親会に参加した時のホンネ

会社の“懇親会”

懇親会が辛かった!!!!

こんにちは!

Telex&Arrow広報部中原です!

学生のみなさんは少し身構えてしまうかもしれない「懇親会」というイベント。

就活イベントやインターンの後に開催されている企業も多いのではないでしょうか?

ただ学生のホンネをいわせてもらえば「入ってもいない会社の懇親会って楽しいの?」というところですよね。

企業の懇親会は社長、専務、経営幹部の方々が参加され今まであまり話したことのない方とも沢山お話しすることができ
とても充実した時間を過ごすことが出来ます。

しかし、これも社風によって様々で、他の会社でも懇親会をすることがあるかと思いますが
私は転職するまでこの懇親会というのが大っ嫌いでした!笑

というのも自分の意思がなかったからです。

上長のところへ行き、気をつかいながら食事をし、自分の感情を押し殺していました。

気に入られようと、当たり障りのないようにしようとしていました。

そりゃ楽しいはずないですよね(笑)

懇親会の意味・意図

会社が懇親会を開く意味って、なんだと思いますか?

  • 社内交流、社員同士の親交を深める
  • 情報交換の場
  • 話すことを目的としている

お酒や食べ物を挟んでお話しをすることで
自然と素直な気持ちや情報の交換ができるので、会話を通じて新しい発見をする場になるということですね。

また、親睦会懇親会の違いですが、親交や交流を深めるという目的や意味の違いはさほどありません。

定義は色々ありますが

親睦会は、同じ部署や社内の人同士が親交を深めるなど、ある程度の関係が築けている状態=顔見知り同士で楽しむ。
宴会芸や催し物などを開催して、“集まること”を楽しむのが目的。
懇親会は、必ずしも顔見知り同士とは限らない。親睦会に比べてフランクではない。歓談など会話で関係を築くことが目的。

上記のように、懇親会ではタテの関係がすごく重要になってくるものでもあります。
※あくまでも私個人の定義です!

懇親会=上司の話を聞くだけの場ではない!

話が脱線しましたが、私が過去に参加していた懇親会では

思っていることを言える環境もなかったように思います。

でもこの会社に入ってみるとみんな自分の思った事をバンバン言います!!

そして、しっかり聞いてくれるんですよね。

自分の思いを受け止めてくれた上でアドバイスや考え方を共有してくれます。

そんなみんなといるうちに会社のみんなが好きになり、もっと一緒に頑張っていきたいと思えるようになりました。

だから今はみんなでいっぱい話ができる時間が大好きです!

 

何をするかより、誰とするか
皆さんはどんな人がいる会社で働きたいですか?