記事詳細

ARTICLE DETAIL
2017年10月18日

人生のゴールは内定をもらうことではない!自分に合っている企業に就職するべき

人生のゴールは内定をもらうことではない!自分に合っている企業に就職するべき

就職に不安を感じている学生は多いでしょう。就職活動に正解はないため、不安になることは多々あると思います。

しかし、就職活動において忘れてはいけないことがあります。それが、企業への内定がゴールではないということです。

 

1)就職活動はあくまで通過点

 インターンシップに参加している学生の中には周りの学生が動いているからという理由で参加する人がいます。

就職活動も周りに合わせる形で行動している人がいます。

周りに合わせる形での就職では入社後に苦労する可能性があるので注意するべきです。

 

不安から周りに合わせる

就職活動において絶対の正解はありません。

しかし、多くの学生が周りの学生に合わせる形で就職活動に励んでいます。周りに合わせるのは不安を解消するひとつの手段です。

周りと同じ行動を取ることでみんなと一緒なら大丈夫だろうと不安を和らげることができるでしょう。

しかし、就職活動において周りに合わせるのはベストの選択でしょうか。

 

内定がゴールではない!

就職活動においてゴールは内定をもらうことです。しかし、就職活動が終わっても人生は続きます。

つまり、人生のゴールは内定ではないのです。多くの人が会社に入社して長い年月会社に勤めることになるのです。

そんなに大事な就職を周りに合わせていいのでしょうか。就職活動においてベストの選択とは自分の将来をイメージして自分に合った企業に就職することなのです。

目先の内定だけでなく、入社してからその後の将来も考えて就職活動をするべきです。

 

2)自分に合った企業を見つけるべき

 就職活動が終わり、入社してからのことも考えるとなると重視すべき点は自分に合った企業かどうかでしょう。

どんな優良な企業でも自分に合っていない企業に就職しても苦労をするだけです。

自分に合った企業を見つけだすことが就職活動において大切なことなのです。

 

自分を知り、企業を知る

自分に合った企業を見つける重要なポイントは自分のことを知ることです。

自分のことを知らなければ自分がどうしたいのかわかりません。

そして、どんな企業に就職するのが合っているのかもわかりません。また、企業について知ることもポイントになります。

自分が就職したいと考えている企業は、どんな企業なのかを知らなければ自分に合っているかわからないのです。

つまり、自分に合っている企業を見つけだすためには自分のことを知り、企業について知るというのが重要なことなのです。

 

 

将来のための行動

それでは自分を知り、企業を知るための行動はどんな行動があるでしょうか。

さまざまな方法がありますが、インターンシップなら自分を知り、企業を知ることができます。インターンシップに参加すると今までにない経験から自分を知ることができます。

そして、新たな自分を見つけることができるのです。また、他の参加者と話すことで多様な価値観を知ることができます。

十人十色で価値観もバラバラです。だからこそ、違う価値観の人との話からは得られるものがあるのです。

インターンシップでは企業についても知ることができます。外からではわからないことが、インターンシップに参加して内から見ることでわかることがあるのです。

ですから、就職活動のためではなく将来のためにもインターンシップに参加してみてはどうでしょうか。

参考:どんなインターンシップに参加すればいいの?探す前に知っておきたい2つの種類

 

まとめ

学生の中には就職に対する不安を抱えている人が多くいるでしょう。

しかし、周りに合わせる就職では後悔します。人生は就職活動が終わっても続きます。

入社してからのこともイメージしておく必要があります。そして、自分に合っている企業に就職するべきなのです。

そのためにも、自分を知り、企業を知るためにインターンシップに参加してみるのはどうでしょうか。