記事詳細

ARTICLE DETAIL
2019年3月11日

【実はやり方があります】自己分析ツール・サイトのおすすめ9選

【実はやり方があります】自己分析ツール・サイトのおすすめ9選

 

「就職活動で自己分析ツールを使って効率的に進めていきたい!」

  こんな方も多いと思います。

とはいえ、

・どんな自己分析ツールがあるのか

・どんな機能があるのか

知らない方も多いと思います。

 

この記事では、おすすめの9個の自己分析ツールと機能について紹介していきます。

今後、就職活動で自己分析ツールを利用する方の参考になれば幸いです。

 

 自己分析ツールとは

自己分析ツールとは、就職活動の際に自己分析を効率的に進めてくれるツールことです。

 

就職活動では、自己分析は必須と言われています。

しかし、 多くの方が自己分析を行う際に手間取っています。

 

そんな時に、役に立つのが自己分析ツールです。

 

自己分析ツールでは、 自己分析を効率的に進めてくれます。

就職活動で必須の自己分析は、ツールを使って簡単に行うことができます。

 

就職サイトや転職サイトなど様々な自己分析ツールがありますが、複数を組み合わせて使うのも良いです。

 

就活に役に立つ自己分析ツールの紹介 

自己分析には、就職サイトや転職サイトなど様々な自己分析ツールがあります。

どんな機能や効果があるのか、各自己分析ツールによって違ってきます。

 

ここでは、就活に役に立つ9つの自己分析ツールと機能を紹介していきます。

どんな自己分析したいか、どんなことを知りたいのか、目的によって使い分けてくださいね。

 

①リクナビ診断:グットポイント診断

グッドポイント診断とは、リクナビnextが行なっている自己分析ツールです。

約300個の質問に答えることで自分の個性や強みが診断されます。

診断には、30分ほどかかりますが、18種類の強みの中から5つ診断してくれます。

グッドポイント診断を利用することで、面接時のエピソードやアピールに使える強みを探すことができるので好評です。

会員だと無料で診断することができるので気軽に診断することができます。

 

②エニアグラム

エニアグラムは、就活生の特性を9つに分類してくれます。その中から、一番近いタイプに数値がしてくれるツールです。

エニアグラムの特徴は無料で手軽で丁寧に診断してくるところです。

その他にも

登録なしで診断できる

・項目をチェックするだけ

・選考で良く重要にされている視点から分析

・自分で当てはまらないタイプも見ることができる

といった特徴があります。

 

③ストレングスファインダー

ストレングスファインダーは、海外で開発された才能診断ツールです。

世界最大の調査会社ギャロップ社が、100万人以上の社会人のデータをもとに作成したテストで、質問に答えることで自分の、あなたの強み上位5つを診断してくれます。

才能は34個の資質が用意されており人に答えるとその中から自分に近い特徴的な資質を5つ診断してくれます。

 

④SKIT 能力診断

SKIT 能力診断は、企業の選考で行われる診断テストに近いです。

ストレングスファインダーと似ていますが無料で診断できる強みがあります。

質問は多めで、60分程度かかります。 課題発見力・想像力・基本的思考力など様々な点数が出ます。

さらに、診断が終わった後は良質なフィードバックを得ることができます。

ストレングスファインダーが有料で迷っている方におすすめです。

 

⑤適職診断MATCH

適職診断MATCHは、マイナビから提供している パーソナリティ診断・バリュー診断からなる自己分析ツールです。

適職診断MATCHで診断するには、会員登録が必要です。

自分の特徴や性格から、あなたに合っている職場環境や、仕事に対する価値観を グラフィカルに知ることができます

 

⑥AnalyzeU+

AnalyzeU+は、求人サイトであるOfferBoxが提供している自己分析ツールです。

経済産業省が定めた「社会人基礎力」の25項目をどれだけ満たしているか診断してくれます。

社会人基礎力は、

・前に踏み出す力

・考え抜く

・チームで働く力

の3つから構成されています。就職活動の際にもアピールすることができます。

利用には登録が必要で、 1回の診断で30分〜40分かかります。

 

⑦m-gram

m-gramは、性格を44種類に分けられていて、その中でも自分が当てはまる8成分の性格を診断してくれるツールです。

m-gramでは、上場企業を含む約1万社以上会社が求める人材の性格をデータに基づいていて分析することができるため、

精密に診断することができます。

 

⑧キャリタスクエスト

RPG のキャラクターで、あなたの適職を診断してくれる自己分析ツールです。

キャリタスクエストのメリットは

・楽しく受けられるか

・ 同じタイプの人の意見は入れること

が挙げられます。

他の自己分析ツールに比べて、テストの項目が少なく信憑性は高くはありませんが、

1分〜2分で受けられるので気軽な感覚で受けることができます。

 

⑨ポテクト

ポテクトは、一般的に企業で使われている適性検査に基づいて作られており、

選考試験に近い適性検査をポテクトで受けることができます。

ポテクトのメリットは

・自己評価、客観評価を確認することができる

・チャート形式で確認することができる

ことが挙げられます。

50種類の性格分析や適性分析などを6枚の分析シートで出力されます。

通常版は有料ですが、TwitterやFacebookなどでシェアすることによって無料で診断することができます。

 

客観的な意見が欲しい場合のツール 

客観的な意見が欲しい場合は「キャリアチケット」でプロに相談するのも良いでしょう。

キャリアチケットとは、人材サービスを展開するレバレジーズ株式会社が運営している「新卒就職支援サービス」のことです。

キャリアチケットでは、就活生のカウンセリングから内定まで、プロのアドバイザーが1人1人寄り添ってくれます。

キャリアチケットの特徴は

・企業の実と繋がりがある

・最短1週間で内定が決まる

・無料で利用できる

が挙げられます。

企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠も可能です。そのため、約1週間で内定まで獲得できます。

しかも、無料でサポートしてくれるので誰でも気軽に利用することができます。

親切で丁寧にサポートしてくれるので客観的な意見もしてくれます。

 

 まとめ

ここまで就活に役立つ自己分析ツールのおすすめについて紹介してきました。

自己分析ツールとは、就職活動の際に自己分析を効率的に進めてくれるツールことです。

就活に役に立つ自己分析ツールの紹介は

・リクナビ診断、グッドポイント診断

・エニアグラム

・ストレングスファインダー

・SKIT 能力診断

・適職診断MATCH

・AnalyzeU+

・m-gram

・キャリタスクエスト

・ポテクト

が挙げられます。

それぞれ、特徴や使い方が異なるので自分にあったツールを使用しましょう。

 

客観的な意見が欲しい場合のツールはキャリアチケットでプロに相談するのも良いでしょう。

キャリアチケットとは、人材サービスを展開するレバレジーズ株式会社が運営している

「新卒就職支援サービス」のことです。

 

今後、就職活動で自己分析ツールを利用する方の参考になれば幸いです。