記事詳細

ARTICLE DETAIL
2018年3月11日

証明写真の良し悪しで書類選考のほとんどが決まってしまうという事実

証明写真の良し悪しで書類選考のほとんどが決まってしまうという事実

就活には書類選考がつきものです。

選考ではなくても、ほとんどの企業で提出を求められるでしょう。

経歴、資格スキル、自己PR、志望動機など考えるべき項目はいくつかありますが、残念なことに、そのどれよりも証明写真の写りのほうが重要です。

写りが悪い証明写真だと、なかなか選考通過することができません。

この記事では、写真の重要性と好印象の写真を撮る時のポイントについてお伝えいたします。写真について深く考えたことがない方は必ずチェックしてください。

証明写真がなぜ重要なのか

履歴書の最初に見る箇所は写真

書類において、まず最初に見るべき箇所は左上にある顔写真です。おそらく、右上にあっても、左下にあっても同じなのではないでしょうか。

面接官も人間です。どこの大学なのか、どんなスキルをもっているのかといった内容よりも、まずは見た目に興味があるのです。

また、写真は唯一のカラー写真なので、確実に目立ちます。証明写真は第一印象の土台のようなものです。

その良し悪しによってその後の印象にも大きく影響を与えるので、できるだけ写りのよいものを選ぶようにしましょう。

 

 

写真は大勢の人が何回も見ることを忘れるな

履歴書などの書類は、最初の選考だけでなくその後の選考においても重要な判断材料になります。

一次選考の面接官、二次選考の面接官、最終面接の面接官といったように複数の人が見るものです。また、ひとりの面接官が複数の面接を担当する場合は、そのひとりが何度もその写真を見ることになります。

ここでの重要なポイントは、面接での印象や見た目は忘れられてしまい、証明写真の印象が上書きされることです

多くの面接官が大量の学生の面談を行うため、相当インパクトがある面接でなければ、一人ひとりの印象など覚えていないのです

つまり、時間をかけて選考を行う企業の場合、面接の記憶をほとんど忘れた状態で最終判断をするケースもあります。

そうなってしまった場合、見た目の印象を司るのは証明写真しかないのです。

面接でどれだけ笑顔だったとしても、証明写真が仏頂面だと、どうしても不愛想な印象に引っ張られてしまいます。

誰を合格にするか不合格にするかを悩めば悩むほど、写真を見る回数も増えます。

何度も見ているうちにその写真の印象に引き寄せらせ、印象が上書きされてしまいます。

それくらい表情の力とは強力なのです。

 

清潔感、自然な笑顔の2点を抑えればOK

清潔感を写真で表すポイント

髪型

髪型に関しては、前髪が一番重要です。目にかからないように気を付けましょう。

女性の方は加えて、後ろでキレイに束ねること。

また、髪色に関しては地毛の色にしてください。

眉毛

意外と重要なのが眉毛。あまりにボサボサだと写真でもわかってしまいます。

最低限整えるようにしてください。

スーツの襟

稀にスーツの襟が少しめくれている方がいますので、気を付けましょう。

ネクタイ(男性)

ネクタイは緩まないように、そしてせっかくの写真なので、真っすぐになっているかを鏡で確認してください。曲がっていると、かなり気になります。

 

自然な笑顔は必ず鏡を見て練習を

自然な笑顔は正直言ってかなり難しく、誰にでもできることではありません。

口角を上げた自然な笑顔には表情筋が必要です。口角が上がらないと、よくある不気味な作り笑いの表情になってしまうのです。

しかし、トレーニングさえすれば口角は上がるようになります。常日頃、意識していれば3ヵ月ほどで自然な笑顔を習得できるでしょう。

鏡を見て自分の顔を見る癖を早いうちからつけるべきです。テレビで見るような俳優、女優、タレントが自然な表情を即座に作ることができるのは、常日頃鏡を見て表情のチェックをしているからなのです。

 

全ての企業が「イキイキ」した人材を欲している

企業の選考基準は、企業によって様々です。

行動的な人材を求めている企業もあれば、保守的な慎重な人材が求められることもあります。

しかし、清潔な人材が求められても、不潔な人が求められることは絶対にありません。笑顔も同じであり、しかめっ面をしている人よりも笑顔の人が絶対に優先されます。

すべての企業がイキイキした人材を求めています。

 

スピード写真は費用対効果が低い

就活における写真の重要性を理解していただければ、セルフで撮影できるスピード写真は控えたほうがよいのはご理解いただけますでしょうか。

スピード写真だと1000円以下で撮影でき、5分もしないうちにできあがりますので、急いでいる時には重宝するでしょう。

しかし、データとして保存できない上に写りが悪くなりやすいです。何度も撮影をすることを考えると、費用対効果が低いと言えるでしょう。

カメラ屋さんなどのデジカメ撮影もメジャーでしょう。

価格は1500円~5000円程度でしょうか。データをもらえることが多く、webの履歴書にも利用できるのが特徴です。

また、このデータさえあればそれ以降は紙と印刷費の負担だけでOKなのが嬉しいところ。

スタジオなどで撮影をすることもできます。

カメラの性能が良いだけでなく、照明やその他セット全てが本格的です。

また、ヘアメイクのサービスや、フォトショップ加工サービスなどがあります。値段は1万~2万程と高額ですが、その写真の写り方で合格、不合格に影響するのであれば、その一時の負担は安いものでしょう。

写真にこだわりたい方はスタジオで撮り、それ以外の方はカメラ屋さんで撮影することを推奨します。

 

まとめ

多くの企業が一次選考に書類選考を採用しています。

ここでの選考は「採用したい人を選ぶ」のではなく「採用したくない人」を選ぶ選考であり、いわば足切り作業なのです。

その最初の判断基準はズバリ証明写真です。

なぜなら、文章を読み込んで判断するよりも圧倒的に早いからです。

「どれだけ高学歴であっても、どれだけスキルがあっても外見に気をつかわない人は採用しない」という極端な会社は少なくありません。

 

POINT

・写真は書類の項目で一番大事である。
・書類選考だけでなく、その後の選考にも大きく影響する
・清潔感と笑顔が大事
・恥ずかしがらずトレーニングをするべき
・スピード写真ではなく、しっかりとした場所で撮影を 

 見た目の影響力を侮ってはいけませんよ。